フリーエンジニアの秘密保持契約のトラブル

フリーエンジニアとして仕事をする際には、企業に所属していた時とは違い、契約などは全てあなた個人と結ぶことになります。契約書などを交わした上で、仕事を進めることになるでしょう。そして、その際企業によっては秘密保持契約を結ぶこともあります。フリーエンジニアとして仕事をしている方の中には、この秘密保持契約に関するトラブルとなっている方もいますから、注意が必要です。

現在は、秘密事項の取扱いなどがとても慎重に行われていますよね。
企業に勤めている時にも、勤めている企業と秘密保持契約を結んでいた方もいるでしょう。フリーエンジニアとして仕事をする際には、様々な企業の情報を知ることになります。
そして、その情報は「外に漏らさないでほしい」というものも含まれています。
フリーエンジニアの方の中には、自分の仕事などをブログにアップしている方もいると思いますが、その際こういった情報を載せない様に注意が必要。現在、どこのどういった仕事を手掛けているといった内容は、掲載しない様にしましょう。これらは、秘密保持契約に反することになってしまいますからね。

また、フリーエンジニアの方は仕事を取るために営業活動を行っている方もいると思いますが、その際今までの行った仕事などを、資料として持ち歩くことも注意が必要。これらの資料により、他者に情報が漏れてしまう可能性があります。

このように、フリーエンジニアとして仕事をする際には、仕事で知り得た情報などの扱いは十分注意が必要となります。
気軽に考えていると、大きなトラブルとなってしまうこともありますから、しっかりと情報管理を行う様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です