フリーエンジニアの価格交渉に関するトラブル

フリーエンジニアの方の中には、「収入を上げるために、フリーになった」という方もいると思います。フリーになれば、全てが自分のペースで進めることが出来ますから、「フリーエンジニアになって、収入を上げて行こう」と考えている方もいると思います。そんな方は、価格設定は相場を確認しながら決めているでしょうか。中には、価格交渉の際にトラブルとなってしまうことも多いんですよ。

フリーエンジニアとして活動する際、それぞれ価格表などを作成することになると思います。クライアントから仕事を請ける際には、この価格表を基に仕事を請けることになるでしょう。
しかし、フリーエンジニアの方の場合には、価格などが自由に決められるため、クライアント側から「もっと、安くしてよ」と金額交渉をしてくるクライアントもあります。

最初のうちは、「仕事を取らなくては」という思いから、「これでは、割に合わないな」と思う様な金額でも、受けてしまう方もいると思いますが、一度こういった価格で仕事を請けてしまうと、今後の仕事も同じ価格で受けなければいけない可能性も出てきます。

中には、納期が短いものを、安い価格で依頼してくるクライアントもあるでしょう。こんな時、しっかりと交渉していくことも必要。「これでは、生活が出来なくなってしまう」と感じた場合には、無理にその仕事を請ける必要はありません。これでは、フリーエンジニアになったメリットがなくなってしまいますからね。

また、契約を行う際には、いつ支払いを行うのかも確認しておくことが必要。支払い時期なども確認しておかなければ、支払い確認が漏れてしまう可能性があります。

このように、フリーエンジニアの方の場合には、価格交渉なども自分で行っていく必要があります。無理な価格交渉をされた場合には、しっかりと断ることも大切となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です